原因とは

鼻炎患者が医院で

過剰防衛反応
鼻炎もアトピーも花粉症も、すべてアレルギー症状の一つです。
体内に侵入してきた物質を排除しようとするシステムの過剰反応が原因です。
これはウィルスが入ってきたときに防衛する免疫のメカニズムに似ています。
そのためアレルギー反応を起こしたときの咳や目の痛み、頭痛など、風邪を引いたときの症状に似ているものもあります。
また、例えば花粉症の人はアトピーも持っていたりと、アレルギーを持っている人は複数のアレルゲンに反応しやすいという特徴があります。

遺伝による要因
両親共にアレルギー体質である場合、子供には50%程度の確立で遺伝するといわれており、アレルギー体質は遺伝による要素が大きいです。
しかし環境による要因も大きく、小さいころに育った環境で発祥する例も少なくありません。
特に花粉症は、スギ花粉の多い年に生まれた子供は花粉症になりやすいといわれており、環境による要因が大きいものとなっています。
食生活によって防ぐことができるアレルギーもあります。
特に乳酸菌はアレルギー症状を抑える効果があり、ヨーグルトやキムチなどは症状を緩和してくれます。

その他の症状に注意
アレルギー症状を持っている人は、今は症状がなくても、新しく別のものにも反応しやすい体質です。
ソバ、ナッツ類、魚介類などは食品の中でも特に重篤な症状を起こしやすい食品なので、何か違和感を感じたら血液検査をしてみると良いかもしれません。
また、肌環境を整えることでアトピーは症状を緩和させることができます。
保湿を心がけ、痒くてもかじらないようにしましょう。
かじってしまうと肌がダメージを受け、余計に敏感になりやすくなるばかりか、別の細菌に感染してしまう可能性もあります。

どういったのか

鼻炎患者の女

鼻炎とは
症状はくしゃみ、鼻づまりです。
ハウスダスト、スギ花粉、イネ科花粉、ペットの毛などが原因としてあげられます。
それらが鼻の粘膜に付着することで起こります。
アレルギー性のものと、季節性のものに分けられます。
ハウスダストが原因となる鼻炎は、アレルギー性のものです。
季節性の鼻炎の原因としては花粉などです。
アレルギー性鼻炎にはⅠ型アレルギー反応が関与します。
治療には副腎皮質ステロイド薬、抗コリン薬、抗アレルギー薬などを使います。

アトピーとは
アトピーの症状はかゆみや湿疹です。
アトピーは憎悪、寛解を繰り返します。
家族歴、既往歴、体質などが素因です。
アトピーは小児期から成人になるにつれ症状が治癒していくことが多いです。
アトピーはIgE抗体と肥満細胞を介するⅠ型アレルギー反応と考えられてきました。
しかし近年、皮膚表面より侵入した抗原が表皮ランゲルハンス細胞表面に存在するIgE抗体に特異的に結合し、ランゲルハンス細胞が皮膚のヘルパーT細胞に接触して、抗原を提示するIV型アレルギー反応であることが明らかになってきました。

花粉症とは
スギやヒノキなどの花粉が原因で起こります。
季節性アレルギー性鼻炎のことを花粉症と呼びます。
鼻の症状だけではなく、目のかゆみ、のどのかゆみ、皮膚のかゆみなどの症状もみられます。
花粉症の症状をやわらげるには、薬を飲む以外に、外出を控えることや、帽子・メガネ・マスクを着用が望まれます。
また外から帰ってきたら、家に入る前に衣服に付いた花粉を払い落とすと良いです。
空気洗浄機や掃除器を利用することで、室内にある花粉を少しでも取り除けます。

アトピーとは

鼻炎患者の少女が鼻を曲げてる

アトピー性皮膚炎とは
アトピー性皮膚炎とは、皮膚にかゆみや湿疹の症状がでる病気です。
アトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人や皮膚の防御機能が弱い人がなりやすいと言われており、慢性化する人も少なくありません。
肌の防御機能が弱いと、アレルギー物質などが皮膚の中に入りやすくなります。
この防御機能が弱まり、免疫力が過剰に反応することで皮膚の炎症が起きますが、原因は、肌を掻いたりする物理的な要因や、石鹸や化粧品などの化学薬品の刺激などがあげられます。

カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031